ホーム » 日記 » シワを隠そうとした濃ーいメイクは恋も冷めてしまう?

シワを隠そうとした濃ーいメイクは恋も冷めてしまう?

■憧れの男性に厚化粧と言われてしまったら?★
シワが最近気になってしまい、ついついファンデーションを厚塗りしてしまうようになりました。
でもこれって、逆効果!厚塗りすることで、ファンデーションがシワの溝に
入り込んでしまい、かえって目立ってしまうことも・・・。

そして、ショックなことに・・・(´A`。)グスン

「ちょっとお化粧が濃いんじゃない?」
会社で、憧れの三浦春馬似の男性に言われて、大ショックでした。

その場は、笑ってやりすごしたのですが、家に帰ってもずっと頭の中をグルグル。
「化粧が濃い、化粧が濃い・・・」

でも、シワが気になり始めたお肌で、メイクもせずに外出なんてあり得ない。

こうなったら、素肌を綺麗にすることしかない!と、これまでのスキンケアを
見直すことにしたのです。

■紫外線のコワーイ倍返しって?★
まず、何がシワの原因になっているのか、私なりに調べてみることにしました。
一番の原因は「紫外線」なんだそうです。曇りの日でもおかまいなしに降り注いでいる
紫外線は、肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンを傷つけてしまうのです。

これらは、肌を保湿してくれるアミノ酸なので、これらが壊されることで、皮膚の表面がヨレて
しわの元となってしまうそうです。

20代では紫外線を浴びても、肌の修復力が高いので、すぐにシワができません。
でも、しっかり記憶されているんですよ。(笑)

それで、30代以降に、紫外線をたっぷり浴びさせられた「倍返しだ!( ^Д^)」とばかりに
記憶がよみがえって、修復能力が失われてきたときに、シワをつくり始めるというわけです。

それでは、この肌の修復能力を高めるには、どうしたらいいのでしょうか。

■美魔女の先輩からアドバイス受けた○○肌って?★
会社でも、美魔女と話題の年齢不詳の先輩に話を聞いてみることにしました。
あくまでさりげなく、お化粧室で、たまたま一緒になったときに「どうしてそんなにお肌綺麗なんですか〜?」と
気軽に聞いてみたのです。

「私も、もともとは肌トラブルが多くて。でも自分が敏感肌ということに気づいてケアをしているの!」
ということでした。

え?敏感肌?とっても健康的でつやつやの肌をみていると、まさか敏感肌なんて思いもよらない
回答が返ってきました。

そこで、私も敏感肌について調べてみると、ぴったり当てはまったというわけです。
そもそも敏感肌とは、「肌のバリア機能が弱っている状態」のことをいいます。

それって、紫外線を浴びたらシワをつくりだしてしまう修復能力が弱っているのと同じということ。
そのメカニズムは以下の順番をひたすら繰り返すんです。

1.紫外線や外部刺激を受ける
2.表皮組織が刺激で傷つく
3.角層の代謝が必要以上に進み、未熟な角層になる

これをお肌の負のスパイラルといいます。私も、このスパイラルにおちいって、ついつい厚化粧になっていたと
いうわけですね。俳(*'o'*)o

この悪循環を断ち切るには、「バリア機能を強化し、正常なターンオーバーを導く」ことしかありません。
それには、敏感肌のバリア機能の代わりをしてくれる化粧品が必要というわけです。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。