ホーム » 日記 » しっかり美肌成分が浸透してくれないお肌を改善するには?

しっかり美肌成分が浸透してくれないお肌を改善するには?

■バリア機能が落ちたお肌を立て直すサイクルとは?★
先日、憧れの職場の男性からメイクが濃いことを指摘されて、とってもショックだった私。
いつまでも、クヨクヨしてはいられないと、反省した結果、これまでのコスメ選びが
間違っていたことが分かったのです。(・`ω´・ ○)キッ

それというのも、外部刺激に弱い「敏感肌」の状態になっているというのに、
上からどんどん過剰なケアをしていたり、下地やファンデーションを塗りこんでいたのです。

まず、外部刺激からバリアする「バリア機能」のある化粧水なりクリームを使う必要があります。
それでは、具体的にどんなふうにお肌をバリアすればよいのでしょうか?

美容雑誌「美的」やファッション誌の「VERY」などでも紹介されていましたが、
敏感肌には以下のようなサイクルが理想的です。

・「洗う」肌をリセットし、スキンケア効果を高める

・「満たす」たっぷりの美肌成分で、肌を内側から満たす

・「育む」美肌成分をしっかり浸透させ、肌本来の美しさを呼び覚ます

・「高める」外部刺激から肌を守り、すべての成分を密着させる

でも、なかなかこんなサイクルが実現できるコスメってないですよね。
それが、敏感肌専門のコスメなら実現可能なことを知っていましたか?(≧◇≦)え〜!

■セラミドがしっかり浸透してくれない?★
まず、「洗う」ですが、肌をしっかりリセットするには、しっかりメイクを落とすけれど、
必要な皮脂や水分までは落とさないことなんです。

それから、古くなった角質をやわらかくしなければ、後で何を塗っても浸透してくれません。
この角質をやわらかくする機能も大切です。

私のお肌は、この土台からすでに出来ていなかったようです・・・。

次に「満たす」。こちらは化粧水に含まれるセラミドなどの保水成分が、
しっかり肌の内部(角層)までうるおいで満たすことです。

セラミドが保水機能をサポートしてくれることは分かっていたのですが、セラミド自体の
種類は人間の持っている成分と同じ構造の、「ヒト型セラミド」でないと、
効き目がイマイチだということなんです。

セラミドにも色々な種類があり、「擬似セラミド」なども
あるので、よく注意して成分をチェックするべきだったんですね。( ・_・)ジッ→

それから、セラミド自体の分子が大きすぎると、しっかり肌の内部まで浸透してくれません。
ナノサイズ化されたセラミドで、肌の奥深くまで届かせることが敏感肌を改善する近道です。

■つけた先から水分が蒸発してしまう肌って?★
「育む」というのは、美肌成分を浸透させるための、ゆらぎにくい肌にすることです。
敏感肌は、微弱炎症を繰り返しているので、安定した状態にしてシワなどを防ぎます。

特に、美容液などで集中して浸透させるのが適しています。

最後に、「高める」です。これは、外部刺激をブロックするための最後のケアです。
クリームなどでしっかり濃密な保湿をすることなんです。

つけた先から化粧水が蒸発してしまっていた「枯れ肌」をストップさせるために、
表面は刺激に強く、内部は保水機能をアップさせるクリームをつけましょう。

それでは、次にこれらのサイクルを実現してくれる敏感肌専用コスメがあるので、
ご紹介したいと思います。(*´ω`*)

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。